・・・コラムコーナー・・・

●ちょっと新幹線で黄河を見に
最近、中国でも新幹線の建設が急ピッチで進んでいます。
いつも揚子江(長江)ばかりですので、
今回は武漢−北京を結んでいる新幹線に乗って
ちょっと鄭州まで黄河を見に行ってきました!?

moon1

武漢の漢口駅から出発です、
北京行きの新幹線は1日2〜3便
出ているそうです
moon2
駅の中の様子です、ここまで入るのに飛行場並の
手荷物検査と身分証のチェックをされました
最近、スリや窃盗が多いせいでしょうか
night1
待合室の様子です、ここは新幹線に乗る人たちや
長距離のファーストクラス用の待合室です
沢山の人と大きな荷物で空席が無いくらいです
2〜3年前はファーストクラスの待合室は
もっとガランとしていたように記憶しています
皆さん豊かになったということでしょうか
event1
新幹線用の(?)プラットフォームです
なんだ、普通の列車と同でした
このホームまで来るのに階段を上って降りて
エレベーターが無いので、大きな荷物を持っていると
大変です
ハンデキャップの方は大丈夫でしょうか?
まだまだインフラの整備が課題ですね

event2
新幹線です!!
う〜ん・・どこかの国の新幹線とそっくりだな〜
コピーじゃないですよ、ちゃんとどこかの国と提携して
導入されたそうです
運行当初はお手洗いの蛇口や備品などがが盗まれたりして
いったん運休していたそうです・・・
そんな物盗んでどうするんですかね?

hanabi
車内の様子です
出発したばかりなので、皆さんお行儀よく座っています
しばらくしてからは皆さんトランプに熱中されていました
この車両の乗車券は高い(言ってみればグリーン車)ですので
ステータスの高い人たちばかりですから、耳栓がいるほどでは
ありませんでした
koumeitou
乗車券です
武漢から鄭州まで192元(日本円でおよそ3000円)
飛行機の1/3から1/4くらいの価格で、
時間も3時間半くらいですので、空港から市内までの
時間を考えると、こちらのほうが「ずぅ〜と」お得な感じです

harukawa
新幹線のお弁当です
もちろん食堂車もついていますが、荷だなの荷物が心配ですので
席を立つことができず、皆さんお弁当を食べていました。
チキンの真空パックとお弁当、インスタントスープがついて
1人前30元でした、ちょっと高いかな〜
でも、マクドナルドでもいろいろ注文すると30元くらいしますので
まずまずといったところでしょうか
飲み物やお菓子などもワゴンで回ってきてくれます
インスタントコーヒー1杯10元ぐらいでした。
fune
このお弁当についてはいろいろ意見が分かれているようです
中国の方は・・・「まずい!」、日本人は・・「まぁまぁかな」
想像するに 普段、中国の方は冷えた料理を口にされないので
きっと「まずい」と感じたのではないでしょうか
確かに、日本のお米とは違い冷えると「ぱさぱさ」して
お米の品種を変えるとか保温するなど、少し改善してくれると
いいと思います。これからが楽しみですね
noriba
周りの風景はいつもと同じで、一面の畑が広がっています
noriba
速度表示です
写真の表示は252Km/hですが、最高速は257Km/hでした
もちろん市街地やカーブが多いところではゆっくりですが、
郊外の開けたところではけっこう飛ばします
一般の列車と同じ線路を使っている割には揺れも少なく
とても快適でした
noriba
鄭州駅に到着です
新幹線は北京に向けて出発していきました

noriba
鄭州駅の概観です
noriba
駅近くの二十七回記念塔(?)
町の繁華街に突然にょきっと建っている記念塔ですが
昔、中国で初めて労働者がストライキをした
記念塔だそうです
今ではしっかりオリンピックのカウントダウン
がされていました

noriba
ここは鄭州駅から車でおよそ1〜2時間くらいのところにある
黄河観光スポットです。
立派な門表です・・・・なんだ料金所ですか
noriba
入場料を払って中に入ると。。。
とてもとてもとてもだだっ広い所に、黄帝二帝の お〜きなお顔!
黄帝二帝と黄河とどういう関係があるのかわかりませんが
ちょっとやりすぎではないでしょうか?
黄河といえば、吉川英治さんの三国志で劉備がたたずんで
悠久の流れを眺めていたシーンから始まりますが、
そ〜いう雰囲気を楽しみたかったのですが・・・
残念ながら完全な観光スポットで、ホバークラフトで
爆音と共に黄河を突っ走るツアーがありましたが
ちょっ〜と雰囲気壊れそうです・・ので、残念ですが
川辺には行けませんでした
noriba
ゴンドラで高台まで行きます
広い黄河を高いところから眺めれば壮観だろうなと
期待も高まります

noriba
黄河です!
残念です、霞んでいて良く見えません
noriba
黄河の対岸がかすかに見えます
確かに広いです!
また、黄砂がまじって黄色いとは聞いていましたが
確かに黄色いです!

noriba
黄河の治水と戦った様子でしょうか
壁一面にタイルモザイクで物語が書かれていました
noriba
黄河を治めた方の像でしょうか
この鍵の様な棒はなんでしょうか?
(勉強不足で良くわかりませんスミマセン)

noriba
3色の水
遠くに黄河の本流がありとても黄色いですよね、
一番手前は「星海湖」で少し緑ががっています
ちょうど中間にある部分が、黄河から飲料水を取り出すための
運河だそうで、黄砂を沈殿させてその上澄みを飲料用水として
使うんだそうです。今、黄河の下にトンネルを掘って
揚子江の水を首都北京まで送る水路が作られているそうです
黄河は冬には上流で氷結が起こり、水を安定供給できない
からだそうです
それにしても揚子江の水を延々運ぶなんて・・・
黄河の立場はどうなってしまうのでしょうか?

Copyright(C) 2004 Shanghai-garage